未経験からも始めることも可能

Javaプログラマーの求人情報は多くあります。
求人サイトなどを見ると未経験でも応募できるような求人も見つかります。
古くからあるコンピューター言語であるJavaですが、現在人材は不足していると言われています。

IT業界は稼げない、ブラックであるというイメージがありますが、一方でJavaプログラマーはかなり稼げるという声もあります。
業務内容としては既存のシステムの保守・運用やAndroidスマートフォンアプリの開発の仕事が多いです。
今後も需要が減ることはない分野のため、将来性は高いといえるでしょう。

転職するにあたって未経験ということはあまり障害にならないようですが、知識やスキルがないことは働く上で問題になりそうです。
知識を得るには、学校などに通うという手段もありますが、入門書やインターネットなどで自分で学ぶこともできます。
その際にはJava言語のみではなく、RubyやPythonなどのプログラム言語を併せて学ぶ方が良いでしょう。
未経験からのJavaプログラマーの目指すなら【Javaプログラマーになろう!】でその道のりが書かているのでおすすめです。

実際にJavaプログラマーの仕事を探す時には、自身でアプリやWebサービスなどを開発したものを持ち込むと良いでしょう。
自分のスキルをわかりやすくアピールできます。

なお、Oracle認定Java資格などがあるとさらに優遇されやすいと言えます。
どんどん新しい技術を習得してスキルを高めるとどこの職場でも求められる人材になれるでしょう。