メリットとデメリット

プログラミング言語の中でも、高度とされているJava言語を使いこなすJavaプログラマーは、多くの企業で活躍できる職種です。
既にあるものを活用して新しい処理を行うためのオブジェクト指向型言語が、Javaの特徴となっています。

サーバ系に必要なライブラリや日常業務に必要なAPIを、標準で備えている実用的な言語の一つです。
Javaを活用しているものには、様々な業種に対応する業務システムや、Webアプリケーションの他、Androidアプリの開発があります。

メリットとしては、様々なシステム開発に対応できる点の他に、構築するためのパソコンのOSを問わないといったことも重要です。
Javaを動かすには仮想環境が必要ですが、それ自体は情報機器のOSを問わずに動かすことができます。
他のプログラミング言語と比較して、高速に動かすことができ、かつ安定性やセキュリティーに長けている点も特徴的です。

デメリットとしては、「複雑なプログラミング言語」であることから、習得や実用には長期的な時間がかかります。
また、会社ごとに運用しているJavaシステムも異なるため、独自のシステム構築に対応する必要があります。
また、Java単体でできることは限られており、他の言語と組み合わせて業務を行うことが一般的です。
表計算ソフトに使われる関数と関連がある「Ruby」や、フェイスブックなどにも活用される「Python」などの言語が、業務では多く併用されています。